森の住宅

播磨科学公園都市 近未来戸建住宅デザインコンペティション、一般部門最優秀賞受賞案。
森を保存しつつ、住宅の開発を行うために、森の樹木を部分的に都市に移植し、その空いた土地の部分に住宅を建てました。全ての住宅にピロティーがあるため、森の中を歩いていると、住宅の柱は樹木のようで、普通に森のようにも見えます。
森の形状がそれぞれの家族のライフスタイルに合った、多様な住宅の形を生み出しています。

用途: 集合住宅
設計: 1997.07
共同設計: 黒田潤三、繁昌朗、安森亮雄