ハウス・スキップ・スラブ

目黒区青葉台の兼用住宅の計画。鉄骨3階建の1Fに駐車場とオフィスが設けられ、上部は夫婦と子供一人の住宅となっています。通常3階建ての場合、下に行くほど暗くなってしまいますが、この提案では大きなボックスの中に、機能ごとのスラブをいろいろなレベルに設け、その隙間から1Fまで光が届くようにしました。上下方向にも水平方向にも視線が抜けることで空間の広がりを感じることができ、家族のコミュニケーションが取りやすいオープンな空間構成となっています。

敷地: 東京都目黒区
用途: 兼用住宅
設計: 2010.05