ハウス・ヤワタ

千葉郊外に計画された、夫婦2人、子供2人のための住宅。
2F部分に主寝室、子供室と浴室の個室群を設け、それらの個室を離すことで、隙間を発生させ、家族間の距離を保つバッファーゾーンとしてだけでなく、家族の共用スタディとして利用されます。
この共用スタディの床と各個室の床の高さをずらすことで、1FのLDKから上部のスタディで勉強する子供達の様子を伺うことができ、同時に、この共用スタディの天井を下げてルーフバルコニーを設け、各個室にルーフバルコニーに面したハイサイドライトを取り付けることで、採光を得るだけでなく、屋上にいる人の気配を感じられるようにしました。
1Fのリビング、2Fの共用スタディ、個室群、ルーフバルコニーは網目のように動線として繋がっており、どの場所にいても、内外自由に移動できる回遊性のある空間構成としました。


敷地: 千葉県市川市
用途: 専用住宅
設計: 2007.12